他社からの乗り換えとしてのカードローン

カードローンの使い方は幅広く、普段の生活費としての利用に限らず便利に借りられるようになっています。そのうちの一つが「借り換え」としての借り方で、今現在の借り入れ先よりも新たに借りるカードローンの方が金利が低ければ、借り入れ先を乗り換えることによって金利の負担を軽くする借り方となります。

 

非常に単純な例ですが、今現在30万円を18.0%の金利で借りているとして、同じく30万円を15.0%の金利で借りられるとすればどうでしょうか。ただ単に借り換えるだけで金利負担は3%低下し、返済にかかる利息の支払いも大幅に減らせます。

 

これは分かりやすくするために単純な例を挙げましたが、借り換えの考え方としては間違っていません。金利差による返済負担の軽減を期待するのが借り換えとなるため、借り換えとしてカードローンを使うなら金利が重要なのは言うまでもないのです。

 

そういった点で借り換えとして借りるカードローンで人気となるのが、銀行です。やはり消費者金融よりも金利が低いために借り換えに適しており、さらには複数の借り入れを一本化する「おまとめローン」としての借り方でも、銀行カードローンの大きな限度額が生きてきます。

 

また、銀行のカードローンは限度額によって金利が段階的に下がるオリックス銀行カードローンの条件のような内容も多くなっているため、大きな金額を借りる借り換えやおまとめとしての利用に人気となるのも納得なのです。